IWMSで何ができるか


従業員の生産性向上 / ワークフロー標準化 / 業務プロセス全体の可視化


smart building

IWMSとは、「Integrated Workplace Management System」の略で、日本語では「統合ワークプレイス管理システム」と呼びます。ビルや施設、資産の管理を効率化するための総合的なソフトウェアプラットフォームです。リアルタイムの情報共有、運用効率の最適化、コスト削減、環境への影響の最小化など、ビルや施設管理者が直面する様々な課題に対応できます。

このような方におすすめ

  • 建物の資産価値向上につながる情報の一元管理を行い、職場資源の最適化を実現したい
  • 経験と勘に依存しない新技術を取り入れた技術継承の仕組み作りが必要不可欠になっている
  • 多拠点にある複数建物の使用状況や運用コストの管理を1つのシステムで集約管理したい
日本におけるIWMSの必要性

Planon ホワイトペーパー IWMSで何ができるか
  • IWMSとは何か
  • 他のソフトウェアソリューションとの違い
  • 日本におけるIWMSの必要性

IWMS導入のメリット

Planon ホワイトペーパー IWMSで何ができるか
  • サステナビリティパフォーマンスの推進
  • オフィス使用状況の改善
  • サプライチェーンの統合


日本におけるIWMSの必要性

Planon ホワイトペーパー IWMSで何ができるか
  • IWMSがサポートするプロセス
  • ITテクノロジーとの統合
  • IWMSのベンダー選定基準

Planon IWMS

Planon IWMS

Planon IWMS

建物のライフサイクル全体をカバーし、施設の設計、建設、運営、メンテナンス、改修、解体などの段階にわたって情報を提供します。Planon IWMSは、建物に関連する情報を、統合データベースによって、シームレスに連携して運用します。複雑なコード設定を行わずに、豊富な標準データモデルから選択して、業務プロセスに応じた利用が可能です。